オフィス 2016年が付属していくつかのインストールの注意事項

マイクロソフトでは、組織のアップグレードの見通しを圧迫でしたので、今日、オフィス 2016年がリリースしました。

あなたが顧客のどんな製品の可用性によって異なります。ボリューム ライセンスのお客様はマイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター電子メールを介して今日確認される Microsoft の広報担当者から 10 月 1 日にそれを得るために待つ必要があります。このボリューム ライセンス版は実際にわずかに異なる製品名を冠する–それと呼ばれる”オフィス プロフェッショナル プラス 2016年」。

にもかかわらずボリューム ライセンスは、Office Professional Plus 2016 来月に到着するを待つがある、それは今日まだ利用できます。例えば、マイクロソフトの MSDN サブスクリプション会員は、MSDN ダウンロード ポータルをここで今日ビットをダウンロードできます。

オフィス 2016 箱入りリテール製品として Microsoft Store を通して販売しています。おそらく、まだストアの小売店でより広く利用可能ではないまたはそれがアドバタイズされているではないです。例えば、Amazon.com で今日検索オフィス 2016年アップグレードを提供する Office 365 製品への参照して制作してなかった使用できるよう記載されている箱入りスタンドアロン Office 2016 製品。Best Buy のしかし、Office 2016 エディションを宣伝しました。

Microsoft の広報担当者は、売店でオフィス 2016年を今すぐに買うことができる提案しました。「オンラインでそして世界のすべての主要な小売店でオフィス 2016 年の製品版が利用可能な」広報担当者は主張しています。

いくつかの機能は、Office 365 に依存します。
オフィスの 2016 年の新しいまた来たるべき機能のかなり多くは、コラボレーションを実現するのにフォーカスを持っています。ただし、これらの新しい機能の多くは場所で Office 365 のサブスクリプションに依存して、スタンドアロンの箱入りの製品では使用できません。

たとえば、ユーザーがプライベートまたはパブリックのチームを作成することができます、グループ機能のみで点灯 Office 365 サブスクリプション。さらに、病棟機密文書の共有をオフ、データ損失の防止機能、エンタープライズ E3、E4 と K1 プランなど、特定の Office 365 サブスクリプション プランによって異なります。

インストールの注意事項
可能性が高いオフィス 2016 年まで多少すばやく移動可能性があります組織は、何らかの Office 365 サブスクライバーです。これらの組織の加入者は通常「Office 365 ProPlus、」現在 Office 2013 バージョンに基づいていると呼ばれる製品を実行しています。消費者 Office 365 加入者を介して Office 2016 年までアップグレードできます、「マイアカウント」オプションを使うと、この Microsoft サポート記事で説明されています。

マイクロソフトは、毎月、「をクリックして-実行」ストリーミング技術を介して Office 365 更新を提供します。ビットは、IT プロフェッショナルは構成を設定することができますが、個々 のデスクトップにストリームします。たい場合はテスト目的で単一のワークステーションに更新を送信する XML。ストリーミングのビットを制御するため、ファイルの変更は、通常はここでダウンロード可能な Office 2016 展開ツールを使用して行われます。コントロールがグループ ・ office 2016 professional plus プロダクトキー ポリシーによっても与えられるし、Microsoft が新しい Office 2016 管理用テンプレート ファイルを目的のためここに持っています。

しかし、組織で Office 365 ProPlus 2016 Office 365 ProPlus 2013にアップグレードする、多数の注意事項があります。マイクロソフトは、この TechNet ライブラリの記事「IT プロフェッショナルが読む価値があるそれらを一覧表示します。しかし、ここにハイライトのいくつか。

大きなファイル
マイクロソフトでは、Office 365 ProPlus 2016 サイズの 850 MB の中のインストールファイルをについて説明します。各言語の追加は、それぞれが 200 MB ですがマイクロソフトそれを望んでいるプロフェッショナル「言語アクセサリー パック」をインストールする際に以下のインストールにより、古い「MSI ベース言語パック」の代わりに。

いずれの場合も、IT プロフェッショナルは、Office 365 ProPlus 2016 にアップグレードするときにヒットする帯域幅に備える必要があります。

「Office 365 ProPlus のバージョン オフィスとオフィス 2016年の根本的な変更のため、更新プロセスが時間がかかるし、オフィス 2016年ビルド全体をユーザーのコンピューターにダウンロードする必要があります」TechNet 記事について説明します。

2016年 2 月到着
Office 365 ProPlus 個々 のワークステーションへの更新プログラム ストリームはオフィス 2016 年まで更新を期待することができる組織 TechNet の記事によると「2 月 2016」を開始。Microsoft のコンテンツ配信ネットワークは、ビットを自動的にストリーミングされます。また、組織は、更新の到着をよりきめ細かく管理する場合、ビットの到着を制御する Office 展開ツールまたはグループ ポリシーを使用する必要があります。

分岐選択肢を更新します。
Microsoft は説明今月新しいモデルの更新で新しい Office 2016 リリースを先導します。マイクロソフトは、毎月の更新をリリースする予定です。毎月リリースでは、機能とセキュリティの更新プログラムを組み合わせることが「現在の分岐」と呼ばれるリリースします。また、組織できます毎月のセキュリティ更新プログラムを取得、4 ヶ月の機能更新を延期します。これらの 4 ヶ月のリリースは、「ビジネスの分岐電流」リリースと呼ばれます。

組織は、彼らは毎月 (現支店) や年 3 回 (ビジネスのため現支店) に希望の更新プランを指定する必要が。支店の選択は、構成で指定を取得します。XML ファイル、マイクロソフトとしては、この「更新枝の概要」の記事でについて説明します。マイクロソフトの Office 力学ビデオ シリーズここでは、どのように行われるも示します。

共存の問題
マイクロソフトは、Office 365 ProPlus 2013 と Office 365 ProPlus 2016 の製品が同じコンピューターに共存できないことを警告します。だはまたオフィス 2016年のボリューム ライセンス版を Office 365 ProPlus 2016 と同じマシン上で実行することは不可能。

さらに、この記事のサポートによるとオフィスの MSI インストールの実行] をクリックして Office 365 製品との共存はサポートされていません。

2013 エディションの Visio Pro またはプロジェクト Pro を実行している組織はそれらが Office 365 ProPlus 2016 年までマシンを更新するときに消えるを参照してください。それらのアプリケーションが更新処理中に削除され、IT プロフェッショナルは、次の Office 365 ProPlus 2016 更新 2016 バージョンをインストールする必要があります。

Office 365 ProPlus 2016 のインストールと同様に、InfoPath 2013 が削除得る。IT プロフェッショナルはスタンドアロン InfoPath 2013 製品をダウンロードしてインストールして Office 365 ProPlus 2016 更新を行った取得後する必要があります。InfoPath 2013 では、Web フォームを作成するために使用は、マイクロソフトは予定なしの新しいバージョンで、今後「推奨」としてマークのラインの最後の製品です。InfoPath 2013 製品は、2023 年 4 月 11 日からマイクロソフトによってサポートされます。

更新: マイクロソフトはオフィス 2016 年までアップグレードした後ビジネス クライアント時の Skype が削除得ることを指摘しこの知識ベースの記事を公開しました。KB 資料は、問題の一時的な回避策ソリューションとしてインストールのリンクを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です