Microsoft Office 2016: なぜ統合エンタープライズ移行成功への鍵は


企業と労働力が Microsoft Office 2016 年まで移行を検討だけでなく、管理し、既存システムとプログラムなしでソフトウェアを効果的に同期の強烈な圧力の下で置かれる Microsoft Office 2016 からロールと「システムのダウンタイム」を認識します。

新しいソフトウェアでは、さまざまな生産性企業とその従業員にアピールする開発ツールを提供しています。しかしそのようなソフトウェアを展開する必要性と緊急性は、既存の IT インフラストラクチャと比較して CIO による徹底的に評価またはキーの意思決定者をする必要があります。成功すると、office 2016 価格 アカデミック 現在の従業員の生産性への脅威の任意のレベルを引き起こさないのため。

新しいバージョンの Microsoft Office の効率化最新バージョンのすべてのユーザーのオフィスの「右上」企業規模の展開を作成します。現実にはこれはほとんど起こらない場合が、それは今まで発生します。office 2016 プロダクトキー 購入,Office の新しいバージョンは、常に – 会社を計画する必要があるパッチの新しい流入を意味します。マイクロソフトでは、エンタープライズ更新経由でオフィスの自動更新を提供しています、すべてのユーザー、すべてのコンピューターが新しい Office 更新プログラムで頻繁に主要な更新を個別にダウンロード組織はなりません。これは発生、決定メーカーは時々 増加ダウンタイムとそれに付属するデータのセキュリティおよび生産性の問題の多様性を停止することができます組織全体でソフトウェアの受け入れ。

しかし、トンネルの終わりに光があるし、マイクロソフトは、企業の採用をサポートする改良された新しい戦略を提供しています。発表の重要な側面は、ユーザー プロファイルと選択に基づくソフトウェア更新プログラムを提供して ことを意味 10 マイクロソフトが Windows の分岐戦略をもたらします。企業のための質問は、office 2016 professional plus プロダクトキーオフィス パッチ 10 パッチが Windows のロール アウトに従って累積的なですか。ビジネスの現在のブランチがリリースされると、Microsoft の狙いは累積的な修正プログラムを追跡場合、は、企業を評価してサイズと Microsoft パッチの頻度からネットワークを保護する方法を見つける必要があります。

ユーザーの割合は頻繁に最新のバージョンの Office のすべての機能をサポートしていない古いハードウェアで動作します。だから増加ソフトウェア展開の整合性が起動を実現する方法に見える終わる有効なヘッジなり矛盾パッチアップ デートのため多くの機会を作成します。

Office 2016 ダウンロード版最安値 Microsoft Office Professional 2016 Plus 1PC

Microsoft Office の新しいリリースは常に作成を合理化する機会と”true を”全社オフィスへの展開を最新のバージョンに移動する誰も。現実には、しかし、ほとんどない場合完全にすべてで起こる。常にオフィスの新しいメジャー バージョンは、パッチは-を計画する必要があります企業の新しい流入を意味します。マイクロソフトはエンタープライズの更新プログラムを Office の自動パッチが、組織はすべてのユーザー、すべてのコンピューターが新しい Office 更新プログラムで頻繁に大きい更新を個別にダウンロードしないがあります。これ増加システムのダウンタイムを引き起こす可能性のある、それに付属するデータのセキュリティおよび生産性の問題の様々 な可能性がある時から組織全体にソフトウェアを導入の意思決定者を抑止します。

しかしトンネルの端にライトがあるし、マイクロソフトは、企業の採用を支援するために改良された新しい戦略を提供しています。発表の重要な側面は、マイクロソフトがそれを意味 Windows 10 から分岐戦略をもたらしていることは 1 つは、ユーザー プロファイルと選択に基づいてソフトウェアの更新を提供します。企業の問題は、今は、Office 修正プログラムは Windows 10 パッチから現在のロールに沿って累積されますですか。マイクロソフトは、ビジネスの現在のブランチがリリースされると、累積的なパッチを追求することを目的と、企業が評価し、サイズや Microsoft パッチの頻度からネットワークを保護する方法を見つける必要があります。

ユーザーの割合は、最新の Office リリースの機能のすべてをサポートしていない古いハードウェアとしばしば取り組んでいます。だから矛盾するパッチ更新と効果的なセキュリティ範囲以下の多数の新しい機会を作成する終わると開始は大きいソフトウェア展開の一貫性を達成するために機会のように見える何。
http://blog.livedoor.jp/office2013/archives/49478704.html

以前のバージョンの Microsoft Office とクロスプラット フォームの統合、過去にコラボレーションと企業やその従業員の非効率性の遅れを引き起こすと証明しました。しかし、office 2016 プロダクトキー 販売この最新の Microsoft ロールアウト今始めている企業や新しいソフトウェアをより広く採用する労働力を促進しながら、コラボレーションと生産性を支援に焦点を合わせ、その Windows バージョンと同時に Mac 用オフィス 2016年を解放することによって異機種混在プラットフォームのサポートに焦点を当てます。

企業のキーは、開発および堅牢な自動化されたパッチ管理システムと効果的な修正プログラム管理プロセスを展開することです。これは大規模なシステムの移行から引き起こされる負の外部性を削減、労働力の中で古いと代替システムの流体の同期を有効にします。

またデータ内部の労働力によってセキュリティおよびストレージを管理します。 方法が必然的にないと判断速度と養子縁組の成否。2016 年オフィス幸せ、誰も。